メルカリとは?登録方法から販売までの流れとは?

メルカリと言えばフリマアプリとしてとても有名でその人気は国内だけではなく世界にも届いています。2017年にはアプリのダウンロード数が世界で1億を超えて今では誰もが知っているようなコンテンツとなっています。

それでも今までやったことがないという人や使い方がわからないという人のために今回はフリマアプリの「メルカリ」について紹介していきたいと思います。

メルカリとは?

もともと日本では「蚤の市(のみのいち)」と言われ神社などの境内で縁日に併せておこなわれるような催しとして始まりでした。それがファミリー向けに「フリーマーケット」と呼ばれるようになりそのうち略称として「フリマ」と言われるようになりました。

それが時代が進み、携帯の進歩によってそのフリマが個人でいつでも売買できるようにしたアプリこそが「メルカリ」というものになります。

出品されているものも幅広く子供のおもちゃや雑貨、服やブランド物など自分が不要になったものを好きな値段で販売することができるようになっています。

メルカリの登録方法とは?

まずアプリで「メルカリ」をダウンロードしましょう!
アプリがダウンロードできたら開いて見ます

・Facebook
・Google
・メールアドレス

の3つの中から登録する方法を選択します。FacebookアカウントやGoogleアカウントを持っているのであればそれを使うと楽に登録が終わりますが、メールアドレスでもそこまで難しくはありません。

今回はメールアドレスでの登録方法をご紹介したいと思います。

・ニックネーム:本名などの個人情報がわかるものは避けてください
・メールアドレス:フリーメール(Yahoo!やGoogleなど)で大丈夫なのでよく使うアドレスの方がいいでしょう
・パスワード
・招待コード:友達などで先に始めている人がいるのであればその人から招待コードというものをもらうと300ポイントがもらえます。

全て記入して利用規約をよく読み「会員登録」ボタンを押します。

そのあと電話番号にて本人確認があります。メルカリでは複数のアカウントの作成や不正利用を防ぐために電話番号につき1つのアカウントしか作ることができません。

電話番号を入力するとSMSにて認証番号が届くのでそれを入力する方法か、音声でも認証通知もあります。

お好きな方を選んで電話番号の登録をおこなってください。

それができれば登録は完了となります。

メルカリの購入されるまでの流れ

登録が完了したらそのあとは出品しないと何も売れません。

まずは商品の写真を撮ります。メルカリはフリマアプリなので中古だから売れないなんてことは一切ありませんのでしっかりと商品の状態がわかるように写真を撮りましょう。

そのあと商品の説明や状態などを記入して値段を設定します。

お客様から価格交渉などがきたり購入してもいいですか?と連絡がくる場合もあります。その場合はなるべく早く返信することが購入までに繋がります。

価格交渉はとても安値を言ってきたりもされますが、それを応じるも応じないも出品者次第となります。

購入されたら発送方法を確認します。最近ではお互い本名や住所を明かすことなく匿名配送というものが利用できるようになっています。

商品が届いたら購入者が届いたという連絡をしないと出品者に運営からお金が支払われることがないので発送にはなるべく追跡などをつけるようにしましょう!

またメルカリでは出品者が送料を負担することが多いのでどれくらいのサイズで発送できるのかを確認しておくのもいいかもしれません。なるべく小さいサイズで発送できるようなものは税込175円で送れますが普通宅配便での発送になると700円前後取られてしまうのでキチンと確認しておかないと送料分赤字になってしまうこともあるため気をつけてください!

以上が大体の流れとなります。

メルカリのまとめ

メルカリは登録や出品、購入に月額使用料などは一切かかりません。かかるものは出品したものが売れた時の手数料のみとなっています。

そのためどれだけ出品してもいいのでどんどん出品してお客さまに見てもらえるようにした方がいいでしょう!