未来を見据えてお金に働いてもらう「投資」!

日本では何十年も不景気が続いています。働いても働いても給料は上がらず、税金や物価は上がっていくばかりの日本で、給料だけでは生活がやっていけない。

もしくは貯蓄や財産はあるが老後はこのままで大丈夫なのかと不安になっている。そんな人は現在の日本にはたくさんいます。そこで今回投資には種類がたくさんあるので、一例を紹介していきたいと思います。

なぜ投資をするのか?

現在日本の銀行に預金していても金利は全くと言っていいほどつきません。その代わりに日本の銀行では普通預金に関しては1,000万円までは保護してもらえるようになっています。でもそれって1,000万円以上頑張って貯めていても預金通帳に入れていたらどうなってしまうかわからないということでもあります。

銀行に預けておいても金利は対してもらえないのに、手数料はキッチリ取られるし平日窓口の営業が15時までなんておかしな話としか言えません。

自分で副業や兼業をするのももちろんいいですが、そのために時間や労力を使いたくない!けどお金は増やしたい!そんな人に最適なものが「投資」になります。

基本的にお金は労働に対しての対価としてお給料をもらうことが多いと思います。労働を自分自身でやるのではなく、「お金」に働いてもらうというのが「投資」というものになります。

投資の種類

現在では、たくさんの投資の種類がありどれがいいのかは人それぞれになるので、自分にあったものを見つけるしかありません。「株」では大失敗したけど「仮想通貨」では成功したなんてこともあるかもしれないので、無理のない資金や財産でしっかりと勉強した上で計画的にやるのがいいでしょう。

株式投資

「株式投資」は初心者にも始めやすいものとなっています。昔は資金が必要になっていたのですが、現在では少額でもできるようになってきています。

株式会社の「株主」になることで会社が収益をあげた時に利益の一部を還元してもらったり、株主優待と言われるサービス券をもらったりします。

他にも「デイトレード」と言われる株価が低い時に買い、高騰したらすぐに売り抜ける手法など他にもたくさん手法があります。

投資信託

「投資信託」とは、投資家からお金を集めてまとまったお金でプロの人間が様々な場所へ投資をして利益を分配するものとなります。日本では少し信用度が低いですが、海外では「ファンド」と言われ資産家たちから絶大な信用を得ている会社もあります。

FX

FXとは外国為替証拠金取引のことで、海外の通貨を売買して利益を狙うという手法になります。海外の政治状況で金額が左右してしまうためにその国を知ることが必要であったりしますが、基本的には初心者にも手の出しやすい少額でもスタートできるために人気のある投資方法になります。

仮想通貨

一時期「億り人」と言われる造語ができるほどの人気になった投資が「仮想通貨」になります。元々は投資目的として作られた訳ではないのですが、「仮想通貨」の価値が高騰しすぎたために投資として捉えられているようです。ですが、流失事件などが起きたりしているため注意が必要な部分もあります。

金(ゴールド)

大昔からお金持ちの象徴でもあるゴールドですが、値段は年々上昇しています。

最大のメリットは紙幣は国が無くなったりした場合などただの紙切れになってしまいますが、ゴールドの価値は無くなりません。ゴールドは鉱物になるので、埋蔵量には限りがあるため価値がゼロになってしまうということはあり得ません。

不動産投資

不動産投資は昔から人気のあるものにはなりますが、現在の日本では土地の価格がとても左右されてしまうので難しい部分もありますが、時代が最先端になり科学技術が進歩しても人間が家に住むことには変わりありません

そのためマンションの一部屋を投資目的に購入して、家賃収入で利益を得るというものが現在個人では多くなっています。

債券(国債)

債券は国に対してお金を貸し出すということです。最大のメリットは元本割れがないということです。銀行口座に預金しておくくらいならば国債を何十年と保有しておくと銀行よりは金利ももらえるために、将来の蓄えとして使う気がないのであれば国債もおすすめできます。

お金の使い方は人それぞれ

投資をしてマイナスになってしまうことももちろんあります。それに詐欺などのトラブルがついて回るのも「投資」には仕方ないことです。ですが、しっかりと勉強した上でそのお金をどうしていきたいのかを明確に考えましょう。

現金で自宅に置いておく「タンス貯金」では、ドロボウが入ったり災害にあった場合は全く機能しません。だからと言って銀行口座に預けておくのがいいのか言えばそうでもありません。考え方はそれぞれですが、明確な未来を見据えて計画的に運用するようにしましょう。